映画『モンゴル』から見るモンゴル帝国とチンギス・カン

1200年代の中東地域最大の帝国だった!

モンゴル帝国・社会

モンゴル帝国は匈奴以来のモンゴリアの遊牧国家の伝統に従い、支配下の遊牧民を兵政一帯の社会制度に編成した。モンゴルにおける遊牧集団の基本的な単位は千人隊といい、1000人程度の兵士を供出可能な遊牧集団を領する将軍や部族長が千人長に任命された。

千人隊の中には100人程度の兵士を供出する百人隊、百人隊の中には10人程度の兵士を供出する十人隊と細かに置かれ、それぞれの長にはその所属する千人隊長の近親の有力者が指名され、十人隊長以上の遊牧戦士がモンゴル帝国の支配者層である遊牧貴族となる。千人隊長のうち有力なものは複数の千人隊を束ねる万人隊長となり、戦時には方面軍の司令官職を務めた。

チンギス・カンとその弟たちの子孫は「黄金の氏族」と呼ばれ、領民として分与された千人隊・百人隊・十人隊集団の上に君臨する上級領主階級となり、モンゴル皇帝である大ハーンは大小様々なウルスのうち最も大きい部分をもつ盟主であった。

大ハーンや王族たちの幕営はオルドと呼ばれ、有力な后妃ごとにオルドを持つ。それぞれのオルドにはゲリン・コウと呼ばれる領民がおり、オルドの長である皇后が管理した。

「黄金の氏族」と呼ばれた一族とは

Cupid(クピド)豊橋の脱毛・豊橋では技術とおもてなしの心という二大柱で成り立つサロンです。

行政制度

モンゴル皇帝の宮廷にはケシクと呼ばれる皇帝の側臣が仕え、彼らは親衛隊を務めるとともにケシクテイと呼ばれる家政機関を構成した。

ケシクは箭筒士、太刀持ち、鷹匠、書記、門衛、料理番、掌酒係、車係、馬係、衣装係、駱駝飼い、羊飼いなど様々な職制に分かれ、貴族の子弟や、大ハーンに個人的に取り立てられた者が属した。

この家政制度は他のジョチ家やトルイ家等の王家にも存在し、これらの職種を担ったケシクたちは各王家の当主であるカンたちに近侍してウルスにおける諸事を司った。

モンゴル帝国は遊牧民の連合国家ではあるが、中央政府や占領地の統治機関は皇帝の直轄支配下に置かれるので、これらは側臣からの出向者によって形成された。中央では側臣内のモンゴル貴族から任命された断事官が置かれ、行政実務や訴訟を担当した。その頂点に立つのが大断事官で、最初の大断事官はチンギス・カンの妻ボルテの養子シギ・クトクが務めた。地方では多くがモンゴル人から任命される監督官が都市ごとに置かれ、占領地の統治を管掌した。

そして、実務においてジャルグチやダルガチを助け、末端の文書・財務行政を担う重要な役職が書記である。書記は占領地の現地の言語に通じている必要があるので、漢民族、西夏人、契丹人、女真人などの漢人や、ウイグル人、イスラム教徒などの他宗教出身者が数多く参入した。

モンゴル皇帝であるカアンに仕える書記たちは側臣の一員として主君の側近に仕え、被支配者に対する命令である勅旨を記録、翻訳し文書によって発給した。中央から発せられた命令はジャムチと呼ばれる駅伝制によって1日100km以上もの速さで帝国の幹線路を進み、すみやかに帝国細部にまで行き届かせることができた。

さらに、モンゴル帝国は皇帝のみならず、王族や貴族、皇后のオルドにもケシクに準じる組織があり、その将校、領民や出入りの商人に至るまで様々な出自の者が仕えた。彼らの小宮廷にも皇帝と同じような行政機関が生まれ、言葉と呼ばれる命令を発する権力をもった。また、14世紀の初め頃までは王族たちは自分の所領として分与された定住地帯の都市や農村に自分の宮廷からダルガチや徴税吏を派遣し、その地方行政に関与していた。

こうした行制度があったからこそ、広大なモンゴルという台地の中を生きる様々な民族を統治することが出来たといえる。特に宗教となれば普通なら改宗することはまずない、それ以前に弾圧するようなことになれば反乱の火種を巻くことになる。こうした寛容な政策があったからこそ、遊牧民として暮らしていた人々は、現れた時代の英雄に付きしたがっていたのだろう。

1200年代の中東地域最大の帝国!

経済

モンゴル帝国は、先行する遊牧国家と同様に、商業ルートを抑えて国際商業を管理し、経済を活性化させて支配者に利益をあげることを目指す重商主義的な政策をとった。

内陸の国や港湾国家は一般に、通過する財貨に関税をかけて国際交易の利益を吸い上げようとするが、モンゴル帝国は商品の最終売却地でのみ商品価格の三十分の一の売却税をかけるように税制を改めた。

遊牧民は生活において交易活動が欠かせないため、モンゴル高原には古くからウイグル人やムスリムの商人が入り込んでいたが、モンゴル帝国の支配者層は彼らを統治下に入れるとオルトクと呼ばれる共同事業に出資して利益を得た。

占領地の税務行政が銀の取り立てに特化したのも、国際通貨である銀を獲得して国際商業への投資に振り向けるためである。モンゴル帝国の征服がもたらしたジャムチの整備とユーラシア大陸全域を覆う平和も国際商業の振興に役立った。

モンゴル帝国の拡大とともにユーラシアを横断する使節、商人、旅行者の数も増加し、プラノ・カルピニ、ジョヴァンニ・ダ・モンテコルヴィーノ、マルコ・ポーロ、イブン=バットゥータなどの著名な旅行家たちがあらわれる。

文化

モンゴル部族の伝来の宗教は素朴な天に対する信仰を基礎としたシャーマニズムであり、かつ仏教やネストリウス派のキリスト教、イスラム教を信仰する人々とも古くから接してきたため、神を信じる宗教を平等に扱った。このことからモンゴル帝国に服属した宗教教団は保護が与えられて宗教上の自治を享受することとなった。

また、モンゴル高原を遠く離れて各地を支配したモンゴルの王侯たちは、支配者層ではあったが、人口の上では少数派であったため、現地の文化を徐々に取り入れ、現地の宗教に帰依することも多い。ジョチ・ウルスやクリミア・ハン国ではイスラム教が広がり、ウズベク・ハンなどはイスラム教に帰依した。

必ずしも王家の人々が同じ宗教に属していることではないということが、後の分裂騒動の遠因の一つになるのではないだろうか。宗教上の考え方は大きく異なってくるので、そこで下手をすれば敵を倒すということに繋がってしまえば、争いに少なからず関わってきてしまうだろう。

モンゴルはチンギス・カンの勅令・ジャサクと呼ばれる遊牧民の慣習法とチンギス・カンの勅旨・訓言を律法として固く守り、少数支配者であってもモンゴルの社会制度を維持した。14世紀に入ると、モンゴル人たちは次第に東方ではチベット仏教、西方ではイスラム教を受け入れていくが、チンギス・カンのジャサクに基づく社会制度は極力維持され、宗教的な寛容は保たれた。

実用に役立つ異文化の摂取については排他性が薄く、学術や技術の東西交流を促進させた。この時代に西アジアには中国から絵画の技法が伝わって細密画が発達する。中国には西アジアから天文学など世界最先端のイスラム科学が伝えられ、投石機などの優れた軍事技術がもたらされた。

逆に中国では、モンゴルのケシク制度に適合しない科挙が廃れるなど、儒教があまり重視されなかったが、儒学の中でも実用性を重んじる朱子学が地位を高め、14世紀に科挙が部分復活したとき正式の解釈として採用されるようになる。

モンゴルについて、実用的ではない哲学・宗教学には無関心で、バグダード、ハッラーンといったイスラム科学の栄えた大都市を徹底的に破壊し尽くし、これらの都市では図書館、マドラサといった施設はことごとく破壊され、イスラム科学衰退の原因となった、と一部では言われてきた。しかしながら、近年ではフレグはニザール派の文書庫をジュヴァイニーに接収させ、またバグダード攻略前後にもイラク周辺でナスィールッディーン・トゥースィーに書物収集を命じてマラーガに建設した天文台とその足下の図書館に収蔵させ、マラーガは東西の学術交流の一大中心地だったことが認識されるようになり、旧来の「破壊者モンゴル」というだけのビジョンは修正されつつある。

イルハン朝においてはフレグ時代からナスィールッディーン・トゥースィーによるアブドゥッラフマーン・トゥースィーの『星座の書』ペルシア語訳や、ラシードゥッディーンの時代には南宋時代の『王叔和脈訣』や『銅人』を用いた『ヒタイ人の医術なる珍宝の書』、『農桑輯要』を用いた農書もイルハン朝で著され、さらには大元朝でもナスィールッディーン・トゥースィーが注釈を施したプトレマイオスの『アルマゲスト』、『ストイケイア』といった天文学書やアストロラーベなど西方の文物がジャマールッディーンらによって招来された。

西方のマラーガ天文台と東方の回回司天台との天文学関係の交流は、やがて西方では『イルハン天文表』、東方では『授時暦』の成立に結実する。ペルシア語・アラビア語の文学作品に挿絵を載せる伝統が本格的に定着するのもモンゴル帝国時代からであり、イランや中央アジアでのミニアチュールが中国絵画の影響を直接受けながらティムール朝やマムルーク朝以降も独自に発展して行った。


MONGOL-MOVIE.JP